売り手市場の薬剤師

転職をサポート

売り手市場

薬剤師の転職の現状は、おおむね良好で「売り手市場」と言えます。

それは、求人広告を見れば「薬剤師募集」は必ずと言っていいほどありますし、

調剤薬局での薬剤師募集をしているところは、たくさん見られるからです。

そんな薬剤師の転職の現状を考えるうえで、薬剤師の転職において一体どんな悩みが生じるのでしょうか。

現在、新薬が続々と販売されていて、その状況についていけるのか、というのが第一に挙げられます。

しかしこれは、薬剤師に限った話ではないことは、お判りになるでしょう。

結婚や出産で仕事を離れた女性が社会に復帰する時の不安は、どんな職業でも共通のものです。

このように薬剤師の転職の現状を少しでも有利に進めるには、転職に際して有利な方法で進めるのが良いでしょう。

正社員、アルバイト、派遣と働くスタイルを選べるのが、専門職の強みです。

また、最近よく聞く転職エージェントを利用するのも良いでしょう。

最近では特に、薬剤師や医療系に特化した人材派遣会社や紹介会社があります。

そういったところに登録することにより、働き方や条件にマッチした案件を探すことが出来るでしょう。

また、転職に対する悩みなどの相談にも乗ってくれます。

転職先としては調剤薬局が増えてきており、これが売り手市場となっている背景でもあるでしょう。

ちなみに調剤薬局とは、病院や診療所でもらった処方箋に基づいて、薬剤師が薬を調剤して、

患者に内容を説明する、という仕事内容になります。

コメントを受け付けておりません。