売り手市場の薬剤師

転職をサポート

就職活動をサポート

薬剤師の転職の現状ですが、売り手市場と言えるでしょう。

その理由としては、薬学部6年制になって初めて迎える新卒のいない空白期間となっており、薬剤師が不足しているからです。

この薬剤師の転職の現状を利用して転職活動を行なうのなら、新卒が出るまでの1、2年以内で検討するのが良いかと思います。

一般的な転職方法としては、職業安定所の利用、医薬専門人材派遣会社の利用、薬局に出入りの業者などからの紹介などがありますが、

薬局に自ら売り込んでみる、ということも売り手市場ならではの探し方ではないでしょうか。

薬剤師の転職の現状で無視出来ないのが、やはり医療系の人材バンクの台頭ではないでしょうか。

登録料は無料で、秘密厳守で転職活動をサポートしてくれます。

パート、アルバイト、派遣、正社員と、さまざまな形態の勤務を紹介しており、

また、転職先の規模や給与、級かなど、大事なことではあるけれど聞きにくいことなども、人材バンクを通して交渉を進めることが出来ます。

また思い切って、フランチャイズ制度を利用しての調剤薬局の開業という選択もあります。

蛇足ですが、薬剤師の資格を持っているからといって、勤務先が薬局だけ、ということはありません。

資格を活かして、思わぬ仕事をしている人もいます。いくつか例を挙げてみると、

麻薬取締官、新薬の研究や開発、保健所の職員、教師、科学捜査研究所の所員などで、

その知識と技能を生かして活躍している人もいます。

コメントを受け付けておりません。