売り手市場の薬剤師

転職をサポート

さまざまな勤務先

薬剤師の転職の現状は、さまざまな勤務先があります。

まず、薬局やドラッグストアです。薬剤師の転職の現状として一般的な薬局やドラッグストアでは、

日々たくさんの人々とコミュニケーションを取る機会があります。

来店する客は薬剤師も社員もパートもアルバイトも全て「ドラッグストア(あるいは薬局)の店員」として考えています。

薬剤師や社員やパートやアルバイトの言動は全て「店の印象」となることを覚えておきましょう。

薬剤師の転職の現状の一つである、薬局やドラッグストアでは、処方箋に沿って薬を処方する他にも、

商品の整理整頓、受注、レジなど仕事は多岐にわたります。

来店客に適していると考えられるサービスやサポートを行うことが大切なのです。

日々、色々な人に接して心身ともに鍛えられる為、臨機応変に考え行動する力が身につくことでしょう。

多種多様な立場の人々と接するということで社会性が身につきます。

時には自分の知らない生活をする人たちのライフスタイルが見えてくることもあります。

今まで自分が知らなかった世界を知るということで幅広い知識が身につくこともあるでしょう。

調剤室にこもっているだけでは恐らく分からなかったであろう色々なことが身につくのです。

薬局やドラッグストアで働くということは、接客が好きな人や、人間同士のコミュニケーションを取りたいと考えている人、

社会性を身につけたい人、色々な世界を知りたい人などにお勧めです。

コメントを受け付けておりません。