売り手市場の薬剤師

転職をサポート

この先は厳しく…

薬剤師の転職の現状は必ずしも売り手市場ではないようです。

専門職としては比較的時間や家庭の都合に合わせて働く事が可能な為有資格者で

一旦仕事から離れた人でも復活して働き始めたいと願う人が多いからです。

現在薬学部は6年制になりより多くの勉強をして卒業します。

新卒者のレベルが上昇し、即戦力になりやすく、若い人で独身ですと時間的にも融通が利き、

多少のハードワークもこなしてくれますので採用する側にとってはとてもいい人材になるからです。

薬剤師の転職の現状は過去、現在、そして将来的に変わっていく事が予想されるのです。

薬剤師は現在まででは女性が多いと言えます。この為結婚や出産を機に退職したり、休職したりするケースが多くあります。

この場合、子供が成長して手が離れた時に再就職を希望したり、パート勤務を希望する人が多くなります。

このような働き方の職場ですと、転職を繰り返すような事につながってしまいます。

薬剤師の求人は基本的には誰かが辞めた後の補充要員が多くなりますので、空き自体はそれほどないのが現状です。

この先少子化が進み、保育園など子供を預ける施設が充実してくると、

薬剤師として勤務している人が定着してきて更に求人自体少なくなっていくでしょう。

そうなってくると、自分の生活ペースに合わせた勤務も難しくなってきます。

調剤薬局のように量をこなすような職場ですと、若い人が好まれていくかもしれません。

薬剤師の転職の現状はこの先は少しずつ厳しくなっていく事が予測されています。

コメントを受け付けておりません。