売り手市場の薬剤師

転職をサポート

医療施設

薬剤師の転職の現状には、医療施設があります。

入院することも可能な医療施設においては、入院患者への薬の処方や投薬説明なども行う場合があります。

入院患者に行う投薬説明はコンプライアンスの意味が含まれています。

薬剤師の転職の現状として入院施設がある医療施設に勤務する場合には、注射剤の調剤を行うことがあります。

医師の処方通りに注射剤の調剤を行うことは薬剤師の役目なのです。

調剤の周囲によっては無菌室で調剤を行う場合もあります。

医療施設によっては調剤した薬はナースセンタあるいは病棟に届けて実際の投与は看護師が行います。

薬剤師の転職の現状は「郷に入っては郷に従え」が無難と言えるのではないでしょうか。

良い意味で大らかであり、臨機応変に何事にも対処していく人が求められています。

処方を行う際には限られたスペースにおいて限られた人数で作業を行うことが多い為に、

人間関係にまつわるコミュニケーション能力も非常に大切です。

何事にも良い意味で当たらず障らず適切な距離を持ち、

場の雰囲気を上手に読めることが長く勤めるためのポイントなのではないでしょうか。

多忙な現代人であればストレスは誰にでも積み重なっていくものです。

心身ともにストレスをため込まない為に適度に気分転換を行い、

溜まっているストレスを発散させることが出来るかどうかにかかっているのです。

ルーズでもなく神経質でもなく、緊張とリラックスのバランスを上手に取りましょう。

コメントを受け付けておりません。