売り手市場の薬剤師

転職をサポート

必要不可欠な職業

薬剤師は人気の国家資格のひとつで、本格的に高齢化社会を迎える現在、必要不可欠の職業です。

そもそも、生活の上で病院・薬局にお世話にならずに一生を終える人は、ほとんどいません。

そういったことからも薬剤師の仕事はこれからも重要が高まる一方です。

そんな薬剤師の転職の現状はどうかといえば、資格職なので確かに収入は安定していますが、多少人が余っている状況になりつつあります。

薬剤師の世界では、2024年問題という言葉が問題になっています。

これは、薬局関連店舗の数はどんどん増加しているにも関わらず、

その中で薬剤師が経営している薬局関連店舗は減少していっており、このままのペースが続けば、

2024年に薬剤師の経営している薬局関連店舗は計算上0件になるという話です。

もちろん現実にそのようなことはないと思いますが、薬剤師が店舗経営に関わった場合、

調剤ミス等の問題が生じたときに考えられるリスクを避けるため、現在でも薬剤師経営の店舗は減り続けています。

この問題以外にも、薬剤師の転職の現状にはさまざまなことがあります。

その一方、現在、薬剤師になるための大学は6年制となったので、一時期新卒薬剤師は減少します。

こういった薬剤師の転職の現状を見極め、比較的転職が容易な時期を選んで動くことが、効率のよい転職活動に繋がると思います。

薬剤師は、これからも絶対必要な仕事です。

ニュースやインターネットの情報をこまめにチェックして、自分に合った職場を探しましょう。

コメントを受け付けておりません。