売り手市場の薬剤師

転職をサポート

100年に一度の不況

100年に一度の不況と言われている現在ですが、薬剤師の求人は一向に減ることがありません。

ですから、薬剤師の転職状況は非常に良い状況であると言えるでしょう。

薬剤師の転職状況は、転職サイトでもその凄さが分かります。とにかく求人が多いのです。

毎週、コンビニやスーパー、本屋などで無料で配布されている求人誌を見ていただくと分かるかと思いますが、

必ず薬剤師の求人があります。

ですから、特に職場を選ばなければ、薬剤師の転職状況は他の業種と比べて非常に良いのです。

とにかく求人があるということは、求職者にとっては、ありがたいことです。

世の中には、せっかく資格を取っても、仕事がないような資格もあるのですから、薬剤師は恵まれていると言えるでしょう。

そもそも薬剤師の資格を取るのに、物凄い時間と費用がかかりますので、それぐらいの恩恵がないと辛いものがあります。

薬剤師の国家試験自体は、合格率70パーセント前後なので、簡単そうに見えますが、受験資格が薬学部を卒業していることなので、

そもそも受験することが困難なのです。それでも、毎年結構な数の薬剤師が誕生しています。

しかし、供給が需要に追いついていないようで、薬剤師の求人倍率は非常に高いです。

資格を取るのは、非常に大変ですが、取ってしまえば一生安泰とも言える職業なので、もし進路を決めかねているなら、

目指してみるもの良いでしょう。就職率を決め手に職業を決めることは決して悪いことではありません。

コメントを受け付けておりません。